自由設計について学ぶ

このサイトは、家を手に入れるときに、施主が間取りや設備を自由に決められる自由設計を検討しているならば、知っておきたいお役立ち情報を紹介しています。
建売住宅との違いや分譲とのメリット比較は、他の選択肢を検討するとき判断材料となる情報をまとめています。
そして、工事にかかる期間に建てる前に検討するべきこと、そして自由度の高さなどは、いざ家を建てようとするときに事前に知っておくべき情報です。
これらの情報をしっかりと確認しておけば、後悔することはなくなります。

自由設計と建売住宅の違い

自由設計と建売住宅の違い 自由設計で家を建てるのと、建売住宅との違いは、建物の間取りや設備などが自由になるかどうかです。自由設計となっていれば、ハウスメーカーや工務店は決まっていても具体的にどんな家になるのかは白紙の状態です。使う設備などは限定されているので完全な注文住宅よりは自由度が下がりますが、それでも施主のこだわりを最大限に取り入れることができます。それに対して建売住宅というのは、土地と建物を一緒に購入することになります。多少の変更はできるとしても、ほとんどが決められた間取り、設備を利用することになります。ただ、建売住宅を販売するハウスメーカーや工務店は同じ仕様の家をいくつも建てることで、建築資材を大量に仕入れられますからコストは抑えられます。つまり、両者を比べるときには、自由度とコストのどちらを重視するかがポイントです。

自由設計で用意しなければならないことはこだわりと予算です

自由設計で用意しなければならないことはこだわりと予算です マイホームを自由設計で建てる場合用意しなければならないこととはなんでしょうか。建売住宅と自由設計の一番の違いは住まいのこだわりを実現できることです。しかしこだわりを実現できる度合いは用意できる予算にかかっているといっても過言ではありません。予算をたくさん用意できればそれだけ多くのこだわりを実現できますが、少ない予算では実現できるこだわりは少なくなります。そのため予算が少ない人の多くは、自由設計をあきらめ、立地のよい建売住宅や中古物件に目を向けます。それでも住まいへのこだわりを諦められない人は、土地代の安い地方に足を運びます。予算が少なくなればなるほど、立地をあきらめ、間取りをあきらめ、設備をあきらめていきます。徐々に建売住宅と変わらなくなっていくのです。だからといって住宅ローンを無理をして組めば、せっかく手に入れたマイホームを手放すリスクも高くなります。このように自由設計でマイホームを建てようとする場合、こだわりと予算のバランスが必要です。建築費や土地代、付帯工事費、住宅ローン、どれだけ予算が必要かは素人ではわかりません。マイホームを持ちたいと考え始めた人はまず住宅メーカーや工務店などの専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

自由設計で家を建てる

山形 自由設計